大規模修繕工事の流れ

大規模修繕工事の流れ

大規模修繕を計画するにあたっては、その資金についてもきちんと計画しなければなりません。多額の資金がかかるので、事前によく調べ、検討する必要があるでしょう。

資金は不足ぎみなことが多いので、どの程度の修繕をするのか、範囲はどこまで行うのか、具体的な時期はどうするのか、について、合わせて検討する必要があります。

また、予算と内容が見合っていればよいのですが、なかなかそうはいきません。管理組合は、この予算と内容をうまく調整する役目を果たす必要があります。

このときに注意しなければならないのが、資金が不足しているために、内容を削ってしまうことです。必要最低限のやらなければならない作業まで削ってしまうと、マンションがきちんと修繕されないばかりか、長期的な維持が不可能となります。
老朽化が進んでしまってから、修繕をしようとすると、かえって余計な資金が必要になってしまい、大変なことになってしまうのです。

ですから、その場合は、修繕積立金を値上げしたり、一時金として別途徴収したり、借り入れたりすることを検討しましょう。

また、大規模修繕には、修繕費そのもの以外にも、現状を調べるための建物診断費用、追加工事が必要になった場合の費用なども見込んでおかなければなりません。
工事会社と綿密に打ち合わせをした上で、しっかりと把握しましょう。

PageTop