大規模修繕を始める際にクレームがきたら?

大規模修繕を始める際にクレームがきたら?

大規模修繕工事の流れについてご紹介します。
会社によって多少違うかもしれませんが、大方は次のような流れです。

第一段階 相談&建物診断

大規模修繕を開始するにあたり、管理会社や工事会社に相談をします。
見積もりは通常無料で行ってもらえます。
まずは、建物の診断から開始です。
どの部分がどのように劣化しているのか、前もって傷んでいる箇所を把握する必要があります。その傷み具合によって、実施時期が設定され、仕様書がつくられます。

第二段階 見積もり

調査が終了すると、工法や使用材などについての提案、及び見積もり書を作成し、提出してもらいます。

第三段階 詳細の説明

上記見積もりの説明をしてもらいます。合わせて建物の劣化状況などについての詳細の解説もあります。

第四段階 契約の締結

見積もり内容に問題がなければ、いよいよ契約です。
工事請負契約を締結します。

第五段階 工事に関する説明会実施

契約の締結が終わったら、具体的な工事に関する説明会を実施してもらいます。
このとき、日程や手順について、お互いの認識に食い違いがないかどうか、十分に確認します。

第六段階 工事開始前の挨拶

工事が始まる前には、周囲の方に対して、工事会社が挨拶に回ります。

第七段階 着工

仮設などの着工が始まります。

第八段階 施工 & 検査

仕様書に基づき、修繕工事が始まります。
工事が行われている間も、ときどき検査を実施、きちんと仕様書通りに行われているかどうか確認します。

第九段階 竣工

工事終了後、工事に関する記録を納めた書類が提出され、完了となります。

PageTop